塾のアルバイト後の自分のケア

塾のアルバイト後は意外な体の箇所が疲れているものです。その働いた疲れをケアす方法を紹介いたします。これを知って疲れを知らずに元気にアルバイトをして、先生のポジションの獲得や人間関係を良くなれば幸いです。

 

●目のケア
意外に塾のアルバイトで、目をかなり酷使しています。その理由は、近い距離で生徒の参考書を長時間見ていたり、することによって目がいらない間に疲れているのです。時間感覚が塾のアルバイトをしてる場合は麻痺するということが起こりますが、これも目の疲れの原因となっています。長時間一定の強さの光のみに当たっていると、体の疲れが普段よりも増すことが知られているのです。そこでやって欲しいのが、目に蒸しタオルを乗せるようにしてください。作り方は簡単で、濡れたタオルを電子レンジ等でチンするだけです。そして、最初は暑いので、首筋をこすったりしてみて少し心地よい温度になったら目のまぶたの箇所に当てます。それを30秒ほど当てて、深呼吸をします。たったそれだけです。ですが、効果はてきめんで、疲れてそのまま眠るよりも頭が軽くなり快適に寝ることが出来るのです。深い睡眠は、体調管理の基本にもなりますので、是非やってみてください。

 

●喉のケア
これは、いつでもやって欲しいことになりますが、話している時間が長いと喉の奥が乾燥して風邪をひきやすくなります。そのため、家に帰ったら喉に優しい物を食べるといったようなことをするといいです。もしくは、指導が終了した後のど飴といった物を食べるのをお勧めいたします。喉の違和感を次の日に引きずると風邪を引くことが多いので、注意が必要になります。飲み物でおすすめなのは、はちみつレモンと言ったものを飲むようにしたり、あんずといったジャムや果物を取るといいです。また、うがいをするのも大切な手段です。塾に入る前にガムを食べておくということも大切な体調管理になります。また、冬場はマスクをするいった対策を取ることも大切な喉のケアになります。特に空調を頻繁に使用する夏場や冬場は、このことが原因で風邪を引く方が非常に多いので、体調管理を防ぐためにも大切なことなのです。

 

常にいきいきしている姿は、塾の生徒にも、職員にも素敵な印象を与えます。特に、講習時期に大変長い時間働いていても疲れを感じさせないでいると、その先生は、普段の塾のアルバイトの人気が増える傾向にあります。爽やかな先生を目指して、塾のアルバイトの働く時間を増やす参考になれば幸いです。