塾のアルバイトは女性の多くのニーズあり

実は塾のアルバイトは非常に女性にニーズがあります。塾のアルバイトで基本的に男性の先生が多く女性の先生の採用が盛んなのです。特にある科目を教えることができる先生の場合にはその人気が集中します。今回は、そんな女性こそ塾のアルバイトをすべきというポイントを紹介いたします。

 

女性が塾のアルバイトの応募が少ない理由として、基本的に難関大学の進学者が男性の方が多いため、女性の先生の応募が少ないといった傾向があります。ですが、女性の先生って非常に塾には必要なんです。その訳を2つ列挙すると、小学生や中学生の女子の生徒が女性の先生を希望することが多いこと、また、一般的に女性が非常にできるといった印象を持っている科目を指導すると生徒の評判が非常に良いということなのです。

 

最初の理由は、特に小学校、中学校の女性には男性の方が苦手な生徒がいます。特にこの時期は、男子がちょっかいを掛けて苦手という人や、男性の先生って威圧感があるんですという生徒さん非常に多いのです。そういった理由で、塾のスタイルで個別の授業を選んでいる場合があります。集団でも質問がし易いからといって女性の先生を選んだり、家庭教師で指定することもザラにあるのです。そのため、どうしても女性の先生が必要になります。ここで、重要なのは、もしあなたが理系だったら非常に美味しいのです。女性で理系は、なかなかいません。そして、女性で理系で高校の数学で受験レベルまで指導できるとそういった生徒さんに集中的に当たります。つまり、一旦入ると塾は手放すことはそうないのです。アルバイトをする予定の女性の皆さんは意外かもしれませんが、生徒が女子高にかよっている場合はそういった生徒さんが多くいらっしゃいます。ですので、女性であったら是非応募してみるといいのです。

 

次に、女性が得意とされている教科の指導ですが、これは国語と英語に関して生徒さんの評判が非常に言いのです。文系女子の場合は、受験の古文の指導といった物の指導に関して多くなります。塾の担当者に聞くと、細やかな注意力を要求する古文と英語に関しては、女性の先生の方が評判がいいとされています。高校受験のレベルでも、大学受験の傾向でも変わりないので、その教科が得意な方は応募してみるといいのです。また、女性の場合は、塾の電話応対で事務の仕事で残ってほしいといったことも要求されることもあります。男性よりも電話応対のアルバイトも入りやすいので、気になった方は応募してみるといいのです。