塾のアルバイト先を探すポイント

初めてのアルバイト、実は塾のアルバイトは基本的に雑誌の募集以外にも探す方法が多くあります。今回は塾のアルバイト先を探すことを紹介いたします。多くの塾の求人を集めて塾のアルバイトを探す参考にしてください。

 

●求人サイト
これが一番塾なり多くのアルバイトを探すスタンダードになります。このタイプの大きなポイントは、多くの異なる大学生とアルバイトで知り合いになることが可能なことです。実は、求人サイトに掲載される場合は、学生を多く集めたいので広告料に力を入れています。そのため、自分の大学以外にも多くの学生が、アルバイト先に応募してくることが多いのです。つまり、多くの分野の学生と知り合いになりたいといった方にはお勧めです。しかし、注意すべきなのは、最初の授業のコマ数が定着する前の時点では希望する教室や場所で働けないことがあること、ライバルが多いので落ちる可能性も高いということなのです。また、いい情報しか書いていない場合も多く、初めてその塾に応募する場合には複数の求人情報を読み比べすることも大切になります。面接でも、塾の雰囲気と雑誌の印象は大いに違うこともありますので、面接は合格するつもりでもなくて、自分がここで働きたいか観察する場所として取らえるようにしてください。

 

●先輩(知り合い)の紹介
サークルといった場所や高校時代の先輩から塾のアルバイトの紹介されることもあります。実は、塾は基本的に4年の春辺りは大変な人員不足になります。そのため、知り合いでいい先生候補の方がある場合には先生の紹介キャンペーンと銘打って募集をかけることがあります。これは、比較的多い募集ですので、知った場合にはその塾の情報を先輩からたくさん聞くようにしてください。塾のバイトを紹介してくれる場合は、働きやすさや自分と同じサークルに入っている場合には、両立の方法といったことを紹介していただけます。また、キャンペーンで非常に嬉しい事に商品券ももらえるといったこともあるようです。この欠点は、もしそのバイト先が合わない場合断れないといったことが非常に多いようです。こうした厄介な問題ごとに会いたくないと思う方は避けるべきか、そういった場合どうしたら良いのと最初に話すべきです。不安を持ってアルバイトを行うといいことは無いので注意をするようにしてください。

 

●大学の掲示板
意外かもしれませんが、大学のアルバイトの求人にあることがあります。これは、学生が家庭教師を特定の大学の先生で募集をかけている場合です。長所なのは、塾のバイトの一般的な募集時期を外れてもアルバイトがあります。しかし、個人契約になりますので、問題が起こると非常に厄介な面もあります。