塾と大学の授業との両立のコツ

大学生で重要なのは、アルバイトではなくて、授業です。それを忘れては意味がないのですが、それが不安でアルバイトできるのか?不安になっている方も実際に多くいます。今回は、そんなあなたに、大学で授業と塾のアルバイトの両立する3つのコツを紹介いたします。

 

最初に塾の立地です。これは、一番重要なポイントに成ります。時給が高いよりも、何よりも通いやすいのが一番なのです。では、通いやすい塾ってどういった場所にあることを言うのでしょうか?これは、塾の設備に関して確認する必要があります。最初に塾は、基本的にスーツが基本です。ジーンズといったラフな格好は、家庭教師の場合を除き認められない場合が非常に多いのです。もしビルにある塾でアルバイトをする場合には、スーツを着るロッカーがあるかどうかが重要になります。もし、ある場合なら大学の授業が終了してもそのまま行くことができます。しかし、一旦着替える場合を考えると考え方は変わってきます。家に帰る時間が長くて、大学付近に塾がある場合には通いにくくなります。その時間分授業の予習なりしたいものです。そのような問題がある場合には、家のそばの塾を選択したほうが賢明なのです。または、サークルでロッカーが支給される運動部にいる場合には、そこにスーツを入れておくというのもひとつの作戦です。ただし、靴とカバンには注意するようにしてください。内履きか外履きか、カバンの種類は問うのか問わないのか、こうした部分に関しては塾によって違うので、試験前に塾の概要の説明書なり、同じ塾でアルバイトしている先輩に話を聞くといいのです。

 

次に重要なのが、塾に入る時期です。これは、塾に入る時期でおすすめなのが春期講習の時期です。つまり、入学してすぐに塾のアルバイトに応募したほうがいいのです。確かにサークルの勧誘といった誘惑も多し、塾のバイト先に決めて、バイト入ったらサークルに参加できない、両方両立するのが大変と言う方がいます。ですが、塾のアルバイトで1年を雇う場合はそういった部分も考慮しています。サークルが決まってシフトの変更を話す場合には4月中にしておくのがいいのです。それよりも、生徒に顔を覚えてもらうのが肝心なのです。春先の時期は、生徒はどんな先生かな?塾ってどんなところだろうと先入観持たないで先生を見ていることが多いのです。この時期に優しく接していると生徒がいち早く、覚えてくれて安定した時間のシフトがもらえやすくなるのです。決まった時間に塾に行くように、するには、こうしたコツが有るのです。