塾講師のバイトに受かるには?

塾講師の仕事内容は非常に、やりやすく時給が高いバイトです。しかし、最低限の常識というものを持っていないと塾の講師のバイトには受からないのです。今回は、塾講師のバイトに採用されるコツを紹介いたします。

 

塾講師の採用は非常に、厳しくなっています。その理由として、最近では教育者の不祥事が起きているせいもあって、面接での試験も非常に厳しくなっているというのが大きな傾向です。ここで、塾講師のバイトでやってはいけないことを上げていきます。髪の毛に関しては、黒でも茶でも問題は無いのですが私は黒を進めるか、染めても焦げ茶ぐらいにしておくといいです。大学生は茶髪デビューする人も多く、そのため茶髪でも大丈夫という方多いのでは無いでしょうか?しかし、実際に塾に入ってみると茶髪の先生よりも、黒や落ち着いている髪型の先生がいいという方、保護者での面談の印象でも黒の方が良く、仕事が非常に進めやすいです。また、生徒を教える機会が多くなればなるほど、基本的に日給は上がっていきますので、早く生徒がつくようになります。早く生徒がつくということは、生活をしていく上でも大変重要なことなので、半年ぐらいは、髪の毛は黒にしておいたほうが無難です。

 

次に、なるべく大学入試から時間を空けずに、塾に応募するようにしてください。塾の採用には試験があります。これは、塾の種類によりますが、塾の講師の採用には基本的にテストがあると思ってください。ですから、学力が落ちる前の一年の4月に応募するのが一番効果的です。つまり、塾の講師いえども教えない内容に関しては記憶から抜けていきます。また、塾に入るために勉強をし直すというのも大変損ですので、大学に入ったら応募するということも考えていいのです。

 

最後に、面接ですが、言葉遣いは基本的に丁寧に話すようにしてください。最近では、学歴よりもその部分の重視して採用を行っている塾が多いようです。言葉遣いが悪くて落ちるといった話はよく聞かれます。面接では、大学の試験の面接のような丁寧に話すことを心がけるようにするといいのです。

 

服装に関しては、基本的に大学入学時に使用してたスーツで試験を受けに行くのがベストです。たまに、ラフな格好をして面接に行く方もいますが、それで受かった人は余程の高学歴の人以外では受からないか、テストの採点といった時給が安い業務に回されることが多いのです。塾に入ったらしばらくは落ち着いた新卒社員のような格好でいるようにしてください。女性は入ったあとに、フレアのスカートといった洋服でも勤務が可能になることが多いのですが、塾に入った半年ぐらいはスーツでバイトをしていたほうが無難です。